離婚の慰謝料の概要

慰謝料という言葉は誰でも知っていますが、慰謝料とはそもそもどういうものでしょうか。
慰謝料は民法で規定されており、損害賠償を負うものは、財産以外の損害に対しても責任を負うとしています。
言い方を変えると、精神的、肉体的苦痛で他人を傷つけた場合は、その代償として金銭を支払いなさいということになります。


慰謝料というと不倫による離婚を連想する方も多いでしょう。
不倫による離婚の慰謝料は、夫または妻が、不倫という不法行為をした配偶者に対して請求をしますが、不倫の相手も対象とすることができます。
離婚の原因として不倫をしたとか、暴力を振るうとか、原因が夫または妻のどちらかにあるとはっきりしている場合は慰謝料の請求関係が明確になりますが、性格の相違、親族間の折り合いの問題など、原因がどちらにあるとははっきりしない場合の離婚では慰謝料の請求ができないこともあります。
和解による離婚で、どちらか一方がどうしても早く離婚したいという場合には、慰謝料ではなく解決金を支払う場合もあります。


また、扶養的慰謝料というものもあります。
これは、夫婦のどちらかが経済的な生活能力に欠ける場合、離婚の原因にかかわらず、配偶者に対して一時金を支払うものです。
慰謝料を受け取るときは、できるだけ一括払いにしたほうがよいでしょう。
一括払いが難しい場合でも、初回分はできるだけ多くの金額を受け取るようにし、具体的な支払い期間、支払い方法、支払い額もあらかじめ取り決めておくようにしましょう。


※注目関連サイト
不倫による離婚の慰謝料請求を専門に相談に乗っている弁護士事務所です → 慰謝料の請求

Copyright © 2014 離婚の慰謝料 All Rights Reserved.